新しいものや良いものに対する反発心について考える

自分が保有していない物やサービスが
世間で流行ったり認められていたりすると
妙な焦りや反発、嫌悪を覚えることがある

ビットコインやMacを嫌ったり受け入れない者たちがいる
彼らの心理にはこれと似たものがあるのだろうか?
持てる者たちへの嫉妬?

世間が持つ価値観を自分だけが持っていないという劣等感
それを認めたくないという反発心が嫌悪に繋がるのか?

機会があれば受け入れたいと思っている
しかし手間やお金が掛かるならば億劫だ
明確な意思を持って手を伸ばさなければ
掴むことのできない存在にもどかしさを感じる

人は常に何かを受け入れたいと思う
しかしそれが簡単には手の届かないものだと分かれば
やるせなさや諦めらめきれない思いだけが残る
無関心を装おうにも装えないもどかしさに直面する
それらは次第にそのものに対する不満や反発へと変わる

これは男の子が好きな女の子に対して意地悪をする心理にも
少し似ているのかも知れない

つまり、良いものや新しい物を過剰に嫌悪する人たちは
潜在的にはそれらのことが好き、ないしは気になって仕方ないのだ

まさに好きと嫌いは紙一重である

広告