昇順と降順の違いと覚え方、順序イメージ【asc, desc】

SQLやプログラミングでは頻繁に使う昇順と降順ですが、時々どっちがどっちの向きなのかがわからなくなることがあるので、それぞれの意味を以下にまとめておきます。

昇順と降順の違いとイメージ

昇順(asc)降順(desc)
13
22
31
昇順(asc)123
降順(desc)321

目次

スポンサーリンク

昇順(asc)

昇順(しょうじゅん・ascending order)
データは小さい方から大きい方の順に並ぶ。

0123456789
abcdefghijklmnopqrstuvwxyz
あいうえお

小さい方から大きい方へ昇っていくイメージ。
ascendには(上る・登る)という意味がある。

降順(desc)

降順(こうじゅん・descending order)
データは大きい方から小さい方の順に並ぶ。

9876543210
zyxwvutsrqponmlkjihgfedcba
おえういあ

大きい方から小さい方へ降っていくイメージ。
descendには(下る・降りる)という意味がある。

昇順と降順の覚え方

昇順(asc)昇っていくイメージ小 → 大(123, abc)
降順(desc)降っていくイメージ大 ← 小(321, cba)

昇順・降順

階段やエレベータをイメージすると良い。

昇る場合は1階から3階へ。
降る場合は3階から1階へ。

asc・desc

aで始まる英単語ascは昇順(abcdの順)と覚える。
dで始まるdescは降順(dcbaの順)と覚える。

広告