SwiftはJavaに似ている

Swiftは、その昔C/C++ユーザがJavaに対して抱いた夢と希望を、再び現代で呼び起こそうとしているように思える。

ガーベージコレクションはより合理的なメモリ管理方式「ARC」で置き換えられるし、「WORE – Write once, run anywhere(一度書けばどこでも動かせる)」の思想はLLVMという汎用的なコンパイラ基盤で体現可能になっている。またSwiftはC/C++同様にネイティブコードを生成するため、処理速度も申し分ない。Foundation Kit等の高レベルなライブラリも備えている。

Swiftは当時のプログラマがJavaに対して抱いていた淡い期待を、より現実的によりスマートに実現することのできる、まさに新世代の言語なのだ。

Javaは失敗したのか

Java言語本来の目的はともかく、Java自体は非常に成功している言語である。C言語と同様に業界を牽引した言語の一つといっても過言ではない。

当時はとにかく遅いことで有名だったJavaも、今ではC/C++並の処理速度を実現しているし、IT産業の世界では花型言語にまで上り詰めた。

Swiftも成功する

Swiftはコンパイルが遅く、言語仕様の変更が多く、ルールや縛りの多い言語ではあるが、それらに対する不満も一時的なものになるのではないだろうか。

時代が変われば求められる言語も変わる。なによりも使う世代が変わる。Swiftの仕様変更の多さも、いずれ良い思い出であったと思える日が来るだろう。

SwiftはC言語とJavaに続くメインストリーム言語として大変期待している。

広告

SwiftはJavaに似ている」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Swiftは完璧な次世代言語 〜SwiftはC++の代替品である〜 | MaryCore

コメントは停止中です。