Xcode「ld: warning: directory not found for option ‘-F/’」の原因

Xcodeでのコンパイル時に出た警告です。

ld: warning: directory not found for option '-F/Users/xxx/Library/Developer/Xcode/DerivedData/MyFramework-xxxxxx/Build/Products/Debug'

どうやら上記のパスを参照しようとしているようですが、対象のパスが存在しないために警告を発しているようです。

上記パスは自作の外部フレームワークへのパスなのですが、既に使用していないもので、XcodeのOrganizer上でも削除していました。しかしプロジェクト上では今も参照し続けているようです。

上記のパスをTARGETS > Build Settings内で検索すると以下の設定箇所に未参照パスとして居残っているようだったので、ダブルクリックでリストを一覧し、対象パスが記されたセルを削除してみました。

TARGETS > Build Settings > Search Paths > Framework Search Paths

結果、警告が消えました。めでたしめでたし。

今回はFramework Search Pathsでの問題でしたが、Library Search Pathsに対しても同様の問題が発生する可能性があります。同様の警告が発生した祭には以下の設定値も確認してみましょう。

TARGETS > Build Settings > Search Paths > Header Search Paths
TARGETS > Build Settings > Search Paths > Library Search Paths

備考

決して見つかることのないパスを、いつまでも探し続けるXcodeの純情さに胸を打たれた今日この頃。


私「好きです、結婚してください」
Xcode「いやです」

Objective-C「じーーっ」

広告