error: unknown type name ‘type’ エラーの対処方法まとめ


以下ようなコンパイルエラーが稀に発生してしまうことがある。

type value; // Unknown type name 'type'

これは「typeという型が存在しない」という趣旨のエラーメッセージである。

typeに対応する型の定義が見つからないために、このようなエラー発生している。

対処方法

unknown type name ‘型名’ の場合

対応する型が定義されたヘッダファイルを、きちんとインクルードする必要がある。

#include "type.h"
type value; // ok

型名のスペルが間違っている場合にも同様のエラーが発生する原因となる。型名のタイプミスには気を付けよう。

lang v; // Unknown type name 'lang'
long v; // ok
スポンサーリンク

unknown type name ‘bool’

bool f(); // error: unknown type name 'bool'

C言語の場合、bool型はstdboolヘッダに定義されているため、#include <stdbool.h>によるヘッダインクルードが必要となる

#include <stdbool.h>
bool f(); // ok

unknown type name ‘friends’

C++のfriendキーワードをfriendsとタイプミスすると当エラーが発生する。

struct X {
  friends void f(); // Unknown type name 'friends'
  friend  void g(); // ok
};

キーワードの記述ミスは本エラーのように、ややこしいエラーメッセージを発生させる原因にもなるため注意したい。

構造体の前方宣言による回避

従来、型名は宣言順に利用しなければならない。

struct A { B* b; }; // Unknown type name 'B'
struct B {};

B型はA型の後に定義されているため、B型をA型のメンバとして宣言することはできない。

そのため次のようにBを先に定義するようにする必要がある。

struct B {};
struct A { B* b; };

ただ、どうしてもBの定義をAの後に行いたいような場合には、前方宣言という特殊な宣言を使うと良い。

struct B; // 前方宣言
struct A { B* b; }; // ok
struct B {}; // 定義

こうすれば宣言だけを先に行い、実際の定義は後回しにすることができる。前方宣言された型は不完全型となるため、実際の定義が行われるまで変数宣言することはできないが、ポインタ変数としての宣言なら可能となる。

struct B; // 前方宣言
struct B *ptr; // OK
struct B b; // ERROR: Variable has incomplete type 'B'
struct B f(struct B a) { return a; } // ERROR: Variable has incomplete type 'B'

広告

関連するオススメの記事