人工知能の進化 人類の退化 ー テクノロジーは人類を衰退させる


作曲の自動化と音楽家の死

最近の音楽ソフトは自動作曲機能というものを備えているらしい。鼻歌から譜面やコード進行を自動生成するような補助的なものだが完成度はかなり高いと聞く。

支援者としての人工知能

今後これらの支援機能がより発達していけば、「自動アレンジ機能」やコード進行を元にした「メロディ自動作成機能」のようなものも出てくるかもしれない(両者を組み合わせたら一曲出来上がってしまうんじゃないだろうか)

人工知能を搭載し、より人間らしいアレンジを目指すことも可能になるだろう。ディープラーニングがそれを可能にする。またビックデータを活用して、その時代に最も適したメロディやアレンジを自動的に分析・生成してくれるような便利な技術も生まれるだろう。実際、AIを活用してヒット曲を生み出す研究も既に行われている。

代替者としての人工知能

今後様々なテクノロジーが発展していけば、それらの機能はより充実していくことだろう。既存の曲のジャズ風アレンジやテクノ風アレンジをかなりの完成度で実現出来る時代もやってくるはずだ。映像に合ったBGMを自動で生み出す技術や、人の好みや作業に合った自分だけのBGMを即興で生み出してくれるような商品も売り出されるかもしれない。

本来人間がやっていた作曲や編曲という複雑で手間の多い創造的な作業を、コンピュータが代わりにやってくれる便利な時代がやってくる。初めのうちはちょっとした手直しも必要になるだろうが、学習機能とビックデータで直ぐになんとでもなってしまうだろう。素人がプロ並の曲を簡単に作れるようになる時代もやってくるかもしれない。

ただ、そういう時代が現実の物になってしまうと、作曲家・編曲家という職業は不要になってしまうだろう。少なくとも中途半端な作曲家・編曲家は簡単に淘汰されてしまうはずだ。

中途半端な人間が簡単に淘汰されてしまう世界とはいかがなものだろう。才能がなくても夢に向かって努力しようとする人たちを拒む世界という見方をすれば、すこし残酷な世界のようにも映る。

人工知能の発展と人類の衰退

最近、人工知能やロボットによって職が奪われるようになるという話をよく聞くようになった。単純作業や肉体労働を伴う職種であれば、むしろ歓迎という向きもあるが、問題は創造性や論理性が求められる仕事までもが淘汰されてしまうのではないかという恐怖である。

作曲家や編曲家、医者、銀行員、法律家、職人、プランナー、デザイナー、システムエンジニア等の専門職がその良い例だ。これらは結局のところ理論と経験の積み重ねによって成り立っている世界でもある。プロの技と言われているようなものも、理論がある以上は再現・模倣が可能である。人工知能が持つ膨大な理論と学習能力を前に我々人間の出る幕はない。

専門家やプロフェッショナルが不要な時代がやってくれば、当然それらを志す人間もいなくなってしまう。各業界からは新しいスターが生まれにくくなり、歴史に名を残すような優れた人材も生まれにくくなる。

人工知能は人間の機会を奪い、向上心を失わせ、人類を堕落させる存在となりはしないだろうか。人工知能やコンピュータがこの世から無くなった時、我々人間には何が残るだろう。

人工知能が人間の代わりに優れた医療技術やアルゴリズムを生み出し、歴史を変え、未来を切り開く時代がすぐそこまで迫っている。人間の存在意義とは何なのか、人類が目指す先は何か、今一度考え直したいものである。

未来予想

プロとアマの区別が曖昧になる

人工知能やテクノロジーの発展によって、誰でも簡単に創作活動を行える時代がやってくる。人工知能の支援はプロフェッショナルとアマチュアの区別を曖昧にし、プロは次第に淘汰されるようになる。人工知能が人間を超えることは、人類の発展や進化を抑制することに繋がるのではないか。

中途半端なプロやアマはすぐにでも淘汰されてしまうだろう。この現象は人工知能云々とは関係無しに既に起こり始めている。興味があれば「いらすとや」や「オープンソースソフトウェア」とその周辺を調べてみると良い。「いらすとや」を、「人工知能」や「ロボット」に置き換えて考えてみると面白い。

人の能力を測る手段が曖昧になる

今は作曲が出来る人と言うと凄い人と思われる時代だが、自動で作曲・アレンジが行われる時代がやってくると、作曲を出来ることが大した能力とは思われなくなる。どんなに完成度の高い曲を書いても、本人がそれを書いたと証明することは難しい。

そのような時代の音楽家は自分の作った曲を自ら演奏することで自身を表現・誇示するようになるかもしれない。また、ライブ演奏が主流の時代へと回帰していくのではないか。受け手も同様に、機械的に生み出された曖昧な物よりも、人と人との繋がりによって得られるものを求めるようになるだろう。おそらくこの時代ではバーチャルアイドルの類も流行っていないだろう(一般化はしても熱狂的に支持されることはないのではないか)

人工知能を超えることが人類のテーマになる

自分たちの生み出した怪物と戦う未来というもの滑稽で面白いかもしれない。

今でこそ「人類 VS 人工知能」などと言って将棋業界・囲碁業界は盛り上がっているが、いずれこの対等な関係は成り立たなくなる。

もう人工知能が人間に挑む時代は終わり始めていて、逆に今後は人類がAIに挑む時代が始まる。

そして人間が人工知能に勝てなくなる時代もいずれ必ずやってくる。そうなると今度は人工知能同士の争いが主流になってくる。自動車メーカーがF1カーを作るのと同じように、IT企業が人工知能で競い合う時代がやってくるだろう。

そして人類は傍観者へと成り下がっていく。それでもなお、人工知能を越えようとする者たちは出てくることだろう。そこで潔く負けを認めてしまっては人類に未来はないのである。

人工知能に対する規制が始まる

企業間競争において人工知能やオートメーションの活用は常識のものとなっているだろう。

企業間の競争は人財 対 人財によってではなく実質、人工知能 対 人工知能によって成り立つようになる。競争は過剰なほど激化し、インフレ率は低下、コストカットや最適化は際限なく行われるようになる。持つものと持たぬものの差は広がりを増し、人も次第に淘汰されていく。

人工知能やオートメーションの乱用は厳しく制限されるようになるだろう。自由競争におけるテクノロジーの乱用は取り返しの付かない自体を生み出す。

ベーシックインカムが当たり前の時代に

AIによって雇用が奪われる時代が始まる。AIの活用によって得た利益に多額の税金が課せられるようになる。AIが人間の代わりに働き、人間がその恩恵に預かる時代が始まる。ベーシックインカムの運営はAIの働きによって支えられていく。国民年金の深刻な財源不足もAI関連の税金で補填が可能になるだろう。国民年金に代わる新たな制度への移行も考えられる。AIの活用が進んだ国と遅れた国の格差は広がりを増す。移民も大きく制限されるようになる。

中途半端な人間は夢を持てなくなる

才能がなくても夢に向かって努力しようとする人たちを拒む世界がやってくる。全く歯の立たないAIという存在が大きな壁となるためだ。

この時代の若者は商業音楽家(作曲・編曲)や医者、銀行員、プランナー、デザイナー、SE・PG等を目指すこともないだろう。むしろ人工知能やロボットが出来ないようなことを目指すようになるはずだ。

演奏家やスポーツ選手、パフォーマー等、エンドユーザと直接触れ合うタイプの職業が花形になる。内向的な人間には生きづらい世界になるのではないか。

「夢を持てなくなる」というのは少し大げさだったかもしれない。目指すものが変わるというだけの話だ。ただ、人工知能やロボットに取って代わられる職業がこの先増えてゆけば、我々人間が選択出来る職業は限られていく。競争率は高まり、本当に才能のある人間だけが希望する職業や夢を掴める時代になる。中途半端な人間は適正によってのみ職業を選択する時代になるだろう。本当の意味での実力社会が始まる。教育システムは大きく変わり、この時代では特化型の人間が求められるようになる。

最後に

利便性の追求はいずれ自分たちの首を絞めることに繋がる。テクノロジーの発展と効率化、利便性の追求の果てにあるのは、我々人類の緩やかな衰退に他ならない。

広告