プログラミング教育ビジネスの闇とエンジニア業界の未来|プログラミングスクールの嘘

煽るプログラミングスクール

現状の働き方に不満を持ち、わらにもすがる思いでエンジニアやフリーランスを目指し、高いお金を払ってプログラミングスクールに通い、途中で挫折し、IT業界の悲惨さを知り、再びドロップアウトする。

そんな人たちを見ているといたたまれなくなる。

最近のプログラミングスクールは、「ヶ月でフリーランスになれる」だとか「時給4000円」「誰でもできる」「転職成功率98%」「未経験でも月40万円以上」「自宅で仕事ができる」などと誇大で美味い話を言って、未経験者に甘い夢や希望を抱かせて入会や受講を煽ったり、IT業界への転職を扇動しているが、果たしてそれが本当に彼らのためになるのか、業界や社会のためになるのか、甚だ疑問に思う。

胡散臭いプログラミングスクール界隈

この界隈はもはや面白キャッチコピーパワーワードの宝庫である。マンションポエムとはまた違った趣がある。最近のお気に入りは「タイとフィリピンでリモートワーク」だ。この業界の人たちはなぜこうも東南アジアでのライフスタイルを推したがるのだろう。とにもかくにも言葉のチョイスがダサい。「ノマドエンジニア」や「フリーエンジニア」などという趣味の悪い和製英語を有難がって使い続けている。終いには「南国で悠々自適なノマドエンジニア生活」と来たもんだ。 他にも「独学は9割が挫折」「スクールが最適」といった都合の良い風潮と勧誘手法、「受講中に案件をこなせば受講料のペイが可能」といった非現実的で無責任な謳い文句も散見される。これは流石に笑えない。

スポンサーリンク

SNS上でよく見かける「駆け出しエンジニアと繋がりたい」タグもなかなか秀逸だ。だいたいなんでこいつら、こぞって浜辺でインスタ映えする写真ばっか上げてんだよ。最上階のレストランでディナーばっかり食っていないでエンジニアリングやコードの話しろよ。お前のブログ、プログラミングスクールの紹介しかしてねえじゃねえか。月商150万円っていくら何でも盛りすぎだろ。儲かっている風を装って消費者を取り込もうとしているのが見え見えだぞ。

今はダマされる人間よりもダマす側の人間のほうが圧倒的に多いのではないか。むしろ騙す側の彼らもまた可哀想な被害者なのかもしれない(なんかキツイこと言ってゴメンな)。騙された人間が終いには騙す側に転ずるわけだ。この不幸の連鎖のなんと恐ろしいことか。これが現代で形を変えたネズミ講やマルチ商法の有様というわけか。

そういえば、昔読んだ創作に「楽に儲ける方法教えます(一冊:30万円)」的なやつがあって、主人公はなけなしの金をはたいてその本を買うんだけど、その本にはたった一言「儲けたいなら俺と同じことをしろ」とだけ書いてあって、結局主人公はその詐欺師と同じ道を歩むことになるっていう、無限ループって怖くね?的な話だったかな。もうほとんど忘れてしまったけど、また読みてえな。

狙われるプログラミング業界

アフィリエイトやビットコインが下火になり、最近ではオンラインサロンや学習スクールで金儲けをする者たちが増えている。底辺に生きる情報弱者たちを食い物にする所は相変わらず変わっていない。

甘い夢を見せて信者を煽る。昔から何一つ変わっていない。

あろうことか最近ではIT業界とプログラミング教育ビジネスが彼らのターゲットになりつつある。

売る側(商材屋)も宣伝する側(アフィリエイター)も相思相愛、同じ穴のムジナで上手く共生しているものだから、目も当てられない。

彼らに好き放題やらせた結果、そのしわ寄せを食うのは現場のエンジニアである。

今、プログラミング教育ビジネスをしている人たちは「金を掘る道具を売る人たち」そのものである。彼らの口車に乗って痛い目にあわないよう注意してもらいたい。金はもう無くなりかけている。

表向きは華やかに見えるその業界も、夢のある彼らのライフスタイルも、誇大な幻想に過ぎない。この業界に安定はないし、この業界に未来はない。この業界で待っているのは名ばかりエンジニア職や客先常駐という名の派遣労働、みなし残業、長時間労働、スキルの安売り、価格競争という血で血を洗う骨肉の争いである。

この業界は君たちの逃げ場所ではないし、ここに君たちの居場所はない。

隣の芝生は青く見えるものだ。君たちがエンジニア職に淡い期待を抱いているのと同じように、この業界のエンジニアもまた異業種に対して根拠のない期待と憧れを抱いている。

プログラマ定年説の真意

プログラマの35歳定年説から目を背けてはならない。思うにあの冗談には身を削って働くプログラマへの皮肉が込められている。あんな働き方を35を過ぎるまで続けていたら身が持たない。

日進月歩のIT業界においてプログラマは使い捨ての消耗品に過ぎないのだ。

たとえ学ぶことを諦め、上流に逃れたとしても、無意味で非生産的な作業や何度も繰り返されるテスト消化、無駄なエビデンス作り、みなし残業、長時間労働、デスマーチが止むことはない。

終電までズルズルと働き、表計算ソフトに画像をペタペタと貼り付ける人生に何の喜びがあるというのか。

プログラミング教育ビジネス業界の闇

プログラミングの義務教育化とITエンジニアの人手不足問題で注目されている業界だから売りやすいのだろう。

しかし彼らのやっていることの本質は情報商材ビジネスとなんら変わらないものだ。実際に情報商材屋のメソッドに則った業者も多い。

美味しい話でプログラミングスクールに入会させて、向き不向きの強いプログラミングに挫折し退会する生徒から解約金を巻き上げるような、不誠実で詐欺まがいのビジネスモデルもある。

昔は派遣会社がプログラミング未経験の人を雇い、会社の金や国の補助金でプログラミング研修を受けさせていたが、最近ではプログラミングスクールがプログラマ志望の人たちから受講料を取って教育し、派遣会社に売り飛ばすような業界構造が台頭しつつある。

醜悪至極で見苦しい。情報に疎い弱者を搾取し、あまつさえ彼らを奴隷システムへと容赦なく組み込んでいく。これほど無慈悲で酷く大胆なビジネスモデルが、未だかつてあっただろうか。

フリーランスの蔓延と価格競争

フリーランスのエンジニア職が主流の時代になると、この市場は確実にレッドオーシャン化する。

競争過多のフリーランスは利益の最大化よりもまず仕事が得られるかどうかが死活問題となる。よってスキルの安売りと業界全体の価格破壊が起こる。

やり手の営業マンに管理されていた派遣・SES時代のほうがまだマシだったと嘆くことになるだろう。フリーランスと企業を結びつけるためのエージェント業も出てくるかもしれない。なかなか本末転倒ではないか。

あるいはその時代では従順で取り回しのよい安心安定のSESのほうが重宝されるようになるのかもしれない。フリーランスの悪評が流布される時代もやってくるのだろうか。いずれにしろフリーランスのシワ寄せは確実に既存のエンジニアたちにも降りかかってくる。

素人が安易にフリーランスを目指すべきではない。死ぬまで勉強し常に市場を冷静に見極め利益の最大化に努める意志のある者だけがフリーランスを名乗りなさい。

広告