つり目ポーズ問題と差別の助長|曖昧な偏見と差別の創造

海外ではアジア人特有の「つり目」や「細目」「タレ目」をジェスチャーで表現することがタブーとされているようだが、これは当事者からすれば余計なお世話ではないか。差別的意図でもって細目を表現する者たちへの糾弾は大事だが、必要以上に騒ぎ立てることは、かえって細目の人たちを傷つけることに繋がるのではないだろうか。細目表現を差別や不謹慎といってしまうことで、あたかも細目が劣った悪いものであるかのような風潮や常識が定着しまうようにも思えるのだ。※1

もちろん「細目問題なんて相手にするな」だとか「タブーを表に出すな」などと言うつもりはない。少数派の嫌悪や憎悪、誤解を表面化させることは大事である。相手の過ちを改めさせる機会が得られなければ、誤解や嫌悪・憎悪は人々の意識の中で膨らみ続ける。だから人々は決してこの現実から目を背けることができないのだ。つり目ジェスチャーが欧米社会でここまで問題になるということは、やはり行き着くところまで行ってしまったということの表れなのではないか。※2

しかし同時に、我々当事者に必要なのは反発や応酬ではなく「そのようなステレオタイプなんて気にしていない」「ばかばかしい」「悪意がないのなら気にしない」「私達は自身の容姿やアイデンティティを誇りに思っている」といった強い意思表示ではないだろうか。それを見失ってしまった先にこそ、より醜い差別と偏見の世界が待っているように思うのだ。そこにあるのは本質を失ったまやかしの正義と幻想の悪、そして醜い利権だけである。

細目の表現を問題視してしまうことはある意味、細目に対して偏見や、なにかしらの不快感や劣等性を認知していることの現れでもある。つまるところ彼らは善意や正義感でもって偏見や差別を訴える一方で、その当事者たちに哀れみや同情を向けてしまっているのである。これもまた偏見や差別の裏表なのではないだろうか。

我々には、自分たちの認識と向き合い、お互いに対話し耳を傾け合い、自らの考えを改めようとする姿勢が何よりも求められているように思う。善意や正義感は、それをどう認識し扱っていくかが重要であって、決して自身を正当化したり、対立する相手を侮蔑しバッシングするための道具であってはならないと思うのだ。

補足 ※1

要するに余計なお節介なのである。当事者のあずかり知らぬところで行き過ぎた認識や差別が創造され、その差別意識や偏見がいつの間にか世界の共通認識として普遍化し定着してしまう。こんな恐ろしいことは他にないだろう。

それらはいずれ、気に食わない他者を侮蔑し威圧するための棍棒として利用されることだろう。人種の優位性を自覚したり正義感を満たすための慈悲的なポルノとして消費されるようになる。人々の気持ちを弄び、不毛な対立を煽り、売名と金儲けのために正義を主張するような者たちを生み出す。

人々はいずれ自分たちがなぜ争っているのかも忘れ、本質的な意義を持たずしてお互いを傷つけ合うようになるだろう。これは黒人差別の問題やLGBT、フェミニズムの問題にも言えることだと思う。

補足 ※2

あるいは、これは日本で言うところの「外人(外国人)」問題と似たようなものなのかもしれない。日本では「外国人」を「外人」と略すことがタブー視されている。これは「外人」という言葉を「害人」や「よそ者」という意味合いで受け取ろうとする者たちがいるためだ。しかしおそらく「外人」を用いている大多数の者たちにそのような意図や悪意はないと思われる。これはおそらく無邪気に「つり目ポーズ」を行ってしまう外国人とて同じことなのだろう。彼らは日本人が無自覚に行ってしまう外国人風の付け鼻や黒人風の黒塗りと同じような感覚で「つり目ポーズ」をしてしまっているのではないか。要するに悪意も差別の意識もなく単にお互いに無知なのである。であれば、我々がすべきことは、他人を差別主義者と決めつけて糾弾することではなく、相手の認識不足や無自覚と向き合うことであろう。つり目ジェスチャーはアジア人を傷つけるから悪いのではなく、それを行うこと自体がそもそも配慮がなく恥ずかしい行為だから悪いのだという、そういう至極当たり前の発想が何よりも大事なのではないか。

広告