表現の不自由展は政治的なプロパガンダ|メディアの責任も重い

表現の不自由展で昭和天皇の写真が焼かれる映像が展示されるという悲しい出来事が起こった。

桜の木があしらわれた昭和天皇のコラージュと、御料馬にまたがった昭和天皇の写真がバーナーで焼かれ、その灰を土足で踏みつけるという、極めて野蛮な演出であった。また実際に昭和天皇の肖像を焼いた「焼かれるべき絵:焼いたもの」も展示されていた。

私は日本国民として深く傷ついた。

表現の自由なら何をやってもいいと思っているのか。

この人達のやっていることを認めてしまったら、日本の国旗やキリスト教の聖書を燃やすことだってアートになってしまう。

少なくとも国民の税金が投入された場で行うべきことではないだろう。

少女像とライダイハン像を共に展示し、昭和天皇の御真影とイスラム教のコーランを共に燃やせば、彼らの言う「表現の自由」の真意も見えてくるものだが、彼らはそれをしなかった。つまりその程度のものなのである。ただ一方的に、自分たちにとって都合の良い政治的主張や憎悪を表現したかったに過ぎないのである。これは芸術でもアートでもない。

表現の自由は保護されるべき重要なものだと思うが、それに伴う責任はきちんと取るべきだろう。その覚悟も持たず、表現の自由を都合の良い道具として利用することは、表現の自由とその受け手に対する侮辱でしかない。表現の自由は物事を正当化するための道具ではない。

目次

左翼活動家による政治利用

この炎上商法の仕掛け人は津田大介という左寄りの自称ジャーナリストだ。

保守系の表現の自由を散々抑圧してきた津田大介が表現の自由を主張するとはおこがましい。

これをダブルスタンダードと言わずして何と言うのだ。

彼が今回やったことは表現の自由を盾にした政治的なプロパガンダである。
安全地帯から石を投げるようなヘイト行為である。

表現の自由を盾に好き放題やり、批判されれば被害者ぶって、表現の自由の危機を叫ぶ。

この一連の騒動を全て通して一つの政治的プロパガンダとなっている。

この愚かさはまさに芸術的と言っていい。
こんなにも醜い現代アートは見たことがない。

彼は日本の「表現の自由の後退」を引き起こし「日本には表現の自由が無い」という情勢を作り上げることに成功した。

全て計算済みだったのではないか。
全ては捨て身の演出だったのではないか。

以下は今回の騒動に際して津田大介が発言した内容の数々だ。

公立美術館で撤去されたものを、表現の不自由展という展覧会を持ってくる体にして全部展示してやろうという企画

みんな全然気づいてないんだけど、政治的に一番ヤバイ企画になるんですよ

多くの人が不快になる表現があることは分かっているが、これらの作品が公の美術館から撤去されてきたという事実が議論になればいいと思っている

男女平等とかじゃないくらいの炎上が来ると思うので、大変なことになるだろうなと思っています。だからナイフで刺されても大丈夫なように防弾チョッキとかやっていこうかなと

愛知トリエンナーレが決まったときに、津田がやるんだったら絶対つまらなくなるだろうという風にツイートした人を全部リスト化していて、「殺す」っていうリストに入れている

二代前になると人々の記憶もね・・・歴史上の人物かな・・・みたいな捉え方も良いかもしれない
(税金で昭和天皇を侮辱するような展覧会をやることに対する意見)

物議を醸す企画を公立美術館でやることに意義があると思ったが、内容が劇薬過ぎた

電凸(電話による集団での抗議)することで公立の文化事業を潰せてしまう、という表現の自由が後退する悪しき事例をつくってしまった

余波があまりにも大きい。分断がこれほどまでに進んでいて、その量によってまた一つ日本の表現の自由が後退したかもしれない、そうした実証になってしまっている

反発が起こることが分かっておきながら、平気で社会を分断し、表現の自由の後退を主張する。
白白しいにも程がある。

そんなことのために人々の憎悪を煽ったのか。
そんな問題提起のために社会を分断し職員を危機に晒したのか。
反日活動に国民の税金を利用したのか。

反日行為に国の後ろ盾が付いた形となれば反発が起こらないはずがない。
ましてや日韓関係が最悪を極めるこのタイミングである。
最悪の自体は想定できたはずだ。

ジャーナリストによるプロパガンダ

日韓関係が史上最悪の緊張状態にあるこの時期にこれらを展示したことの責任は重い。

この危機管理の弱さには呆れてしまう。
その口で社会の分断を憂うとは厚かましい。

今後、彼にはこの手の仕事を任せるべきではないと思う。
過激な思想を持った危険な人物だということがよくわかった。

政治的な影響力を持ったジャーナリストはその責任の重さを自覚するべきだ。

国民の税金が使われていたことも反発の大きな要因となった。

表現の自由やアートを盾にした政治的なプロパガンダに国民の血税が使われているとなれば反発は必至である。

日韓問題でデリケートなこの時期にガソリンを撒くとなれば想定以上の反発が起こることは予想できたはずだ。

それらを想定できなかった津田大介の責任は重い。

いやむしろ全て想定していたのではないか。
社会の分断を狙っていたのではないか。

津田大介は日本の表現の自由の後退を主張したいがために、国民の税金を利用し、人々の憎悪を煽り、社会の分断を引き起こし、国民の心を踏みにじり、職員を疲弊させた。

これはアートでも問題提起でもなく、政治的な工作活動であり、炎上商法以前に悪質な行為だと思う。

そんな人間がジャーナリストを名乗っている。

津田大介はまがりなりにもジャーナリストでありメディア側の人間なのであろう。
自分で問題を起こしておいて被害者面できる立場にはないはずだ。

この重大さを理解していないのだろうか。

ジャーナリズムは大衆を扇動する力を持った危険な存在である。
彼には中立性というものをしっかりと学んでいただきたい。

メディアの意図的な報道姿勢

メディア側の報道の仕方にも問題がある。

多くの報道では、昭和天皇への侮辱という重大な経緯が省かれている。

昭和天皇の写真が焼かれる映像がSNS上に出回り、人々の反感を煽ったという重要な前提が抜けている。

安倍首相と菅官房長官の口をハイヒールのかかとで踏みつける画像が出回ったこともまた人々の憎悪を掻き立てた。こちらは出所不明の画像であったが、人々の行き過ぎた反感と誤解を招く結果となった。この経緯もきちんと報道するべきだろう。

撮影写真・動画のSNS投稿禁止も多くの不信感を招いた。

国民の大切な税金が使われていたことも反発の大きな要因だった。

しかし、多くのメディアはそれらの背景を説明せず、少女像の展示に対する抗議と脅迫に屈したという報道の仕方がされている。

「少女像など」という曖昧な表現で問題の本質を隠してしまっている。

あたかも少女像に対する反発だけが原因であるかのような伝え方をしてしまっている。
日本の保守系と慰安婦問題の対立構造を意図的に取り上げようとしている。
津田大介側だけが被害者であるかのような伝え方をしてしまっている。

メディアは作為的で都合の良い報道を止めるべきだと思う。

きちんと事の経緯と全容を伝えるべきだと思う。

津田大介側の主張ばかりを鵜呑みにしてはならない。
メディアとしての役割を全うするべきだ。

ジャーナリズムは社会の分断を助長する政治的扇動に加担してはならない。

報道しない自由を行使し、都合の良い情報だけを小出しにするような傾向報道はもう止めるべきだ。

その後

大村知事の開き直り会見

大村知事の開き直り会見|論点のすり替えと保身に走る見苦しさ
広告