ネットの古き良き「煽り」文化|誹謗中傷の時代で失われた間接的な表現

最近のネット民は「煽り」や「返し」が下手になったように思う。

昔は「何言ってんだこいつ」で済んでいたことを、
今は「お前は間違ってる」「お前はクソだ」と言って、
誹謗中傷や人格攻撃をしないと気が済まなくなっている。

今のネット昔のネット
こいつ頭おかしい何言ってんだこいつ
必死すぎてキモイ何と戦ってるんだ
いかれてるお薬切れてますよ

直接的に言わないとダメみたいな、変な風潮がある。

もっと冷たく遠回しに接したほうがいいのではないか。

今のネット昔のネット
いい加減にしろまたお前か
やめろ・ふざけるな必死だな
必死すぎ・ダサい・ざまあみろ涙拭けよ
また発狂してるんですか?効いてる効いてるw
主語がデカイ・嘘松何言ってんだこいつ
曲解すんな・冗談も通じないのかネタにマジレスかっこ悪い
ソースならここにありますがググれカス・自分で調べろ

個を意識し過ぎているのではないか。
執着心が強すぎて、子供を叱る親や、ストーカーみたいになっている。
愛と憎しみの発露になっている。

顔も見えないような相手のことを考え過ぎるのは精神的に不健康だから、
もう少し肩の力を抜いてみてはどうだろう。

目次

批判の中にある優しさ

昔は嫌悪感をテンプレで間接的に伝える文化が主流だったから、お互いにスルーもしやすかったように思う。
オブラートに包まれた「からかい」の文化が上手く成り立っていた。
今みたいな、直接的に自分の言葉で意見を伝える時代よりも、平和的だったような気もする。

今のネット昔のネット
ざまあみろ涙拭けよ
痛すぎて見てられない香ばしい・微笑ましい
頭おかしいそっ閉じ
統合失調症特有の妄想ですねエスパーかよ
病院に行ったほうがいいネットは初めてか? 力抜けよ
また馬鹿が騒いでるお薬増やしておきますね
お前の妄想だろという夢を見たんだ
お前は嘘つきだ釣り乙

相手に気を使って、角が立たないような嫌味や冗談を言ったり、茶化したりしていて愛があった。
あれを愛と言ってよいのか、賛否両論はあるだろうが、少なくとも「配慮」のようなものは感じられた。

あのミジンコ程度の優しさが、それなりの救いになっていたのだ。私も叩かれる側を何度も経験してきたが、あの微妙な慈悲深さの感じられる柔らかいインターネットが嫌いではなかった。

今のネット昔のネット
ここまでくると見苦しいなもう許してやれよ
こいつ叩かれまくっていてダサいこいつの人気に嫉妬
場違いなこと言うな・歪曲すんなカス半年ROMってろ
粘着すぎてキモイ本当は好きなんじゃねえの
アンチうざいどんだけ好きなんだよ
こいつら全員クズお前らいい加減に結婚しろよ
ダブスタ死ねお前が言うな
馬鹿、死ね馬鹿なの?死ぬの?
死ね逝ってよし
通報しますね生きろ
不謹慎です・訴えます通報しますた
リツイートして晒すやる夫のAAを貼る
ブロックするグロ画像を貼る

この嫌悪感や憎悪を糖衣に包んで優しく相手にぶつける行為に、人々はある種の優越感のようなものを感じていたようにも思う。人々は間接表現を通して、自分たちが相手よりも優位な立場にいることの余裕や安心を感じていたのではないか。

失われた曖昧さの文化

煽りの文化は、その言葉の曖昧さゆえに、問題をうやむやにでき、それが争いを避けることにも繋がっていた。煽る側は憎悪を発散してスッキリできるし、逆に煽られた側は相手が負けを認めたと思えて気が休まる。

今のネット昔のネット
発狂してんな・必死すぎ・マジになりすぎめっちゃ早口で言ってそう
ポリコレ・正論で人を殴るな長文うざい・意識高すぎ
粘着すぎてキモイこんな時間に仕事しないで何やってるんですか
ソースを出せ、今すぐ出せないなら俺の勝ちそれ、あなたの感想ですよね?
顔がキモイ・性格が悪い・見苦しいウシジマくんに出てきそう

「多対多・多対一」の性質が強い「2ちゃんねる」や「はてなブックマーク」のコメント欄だけが、この煽りの文化を根強く残しているが、「ツイッター」のような「一対一・一対多」の世界では、この煽りの文化が廃れてきているように思う。

ツイッターと2ちゃんねるの非難罵倒|今と昔のネットの何が変わったのか

ネットの大衆化がもたらしたもの

一応、定型文で煽る文化は現代にもあるのだけど、メンヘラ的で面白みは感じられない。現代のネットは政治的な場になって、ユーモアが無くなってしまったように思う。心情を比喩的に吐露するような、どこか女性的で感傷的な表現も多い。抽象的・内向的な表現を好むオタク的な文化とは似て非なるものだ。

直接的な表現メンヘラ的な表現
お前は間違っているこれはひどい
やめろ・ふざけるなあたまがわるい
また馬鹿が騒いでる頭がクラクラした
馬鹿らしい頭痛が痛い
ダブスタ死ね目眩がした
馬鹿・死ね涙が止まらない
死ね怒りに震えてる
ソースならここにありますもにょってなった
歪曲すんなカス〜にはウンザリ
頭おかしいハッとさせられた
いかれてる腑に落ちた
やっぱクソだな合点がいった
きっと悪いことに違いない軍靴の音が聞こえる

京都人が使うような回りくどい表現は昔からあるが、現代の鈍感なネット民には高度すぎて理解できないような気もする。

直接的な表現京都人が使いそうな表現
お前は間違っている賢い人ですね
頭おかしい学者さんみたいですね
やめろ・ふざけるなご立派な志をお持ちですね
また馬鹿が騒いでるなんだか賑やかになりましたね
死ね死ねどす
先に出しとけ・いい加減に作れポイントカードはお持ちですか?

唯一、ツイッターの「画像リプ(画像付きの返信)」だけが、煽りの文化を正当に引き継いでいるように思う。多くの人たちがテキストでそれを伝えようとしないのは、「既に画像リプでやられてるから必要ない」「誰かが先に貼ってくれるだろう」とみんなが思ってしまっているためなのだろうか。あるいは、テンプレ的・間接的な返しはもう古いと思われているのだろうか。「負け惜しみ」や「反論できない人」のように見えてダサいと思われているのだろうか。言葉の裏にあるものを読み取れない人たちを意識しているのだろうか。多くの人に伝わるような直接的な表現が好まれているのか。それとも、自分の意見を自分の言葉で伝えることこそが、彼らの意義になっているのだろうか。それにしては論理性の失われた感情的な罵倒で溢れている。ネットユーザーの低年齢化や、若者世代の劣化、2ちゃんねる世代の断絶も考えられる。

結局のところ、ネットは大衆化してしまい、お互いに皮肉も理解し合えないような時代になってしまったのだろう。冗談の通じないマジな人間が増えてしまった。みんなギラギラしていて、余裕が感じられないのだ。

それは2ちゃんねるの時代と似ているようで微妙に異なっている。あの時代の悪い部分を増長したような、暗くねちねちとした陰険な時代になったようにも感じられる。

あのかつての、どこか知的で冷たい殺伐とした奇妙な時代は、もう永遠に訪れないのだろう。

関連記事

広告