フェミニストは女性の幸せを奪った|平等な不幸と自由な自己責任を求めたフェミニズム

女性の解放と社会進出を求めたフェミニズム運動は、女性を幸福にし、この社会を良くしてくれたのだろうか。

現状を見るに、社会はむしろ彼らによって悪い方向へと変えられてしまったように思えてならない。

強者女性たちが現実社会の実態にそぐわない自由と理想を早急に追い求めた結果、不安定な社会が形成され、大多数の女性は以前よりも困難で不幸な人生を強いられるようになったのではないだろうか。

弱者女性にとって生きづらい環境を生み出し、彼女達に自己責任を押し付け切り捨てるだけの残酷な社会へと行き着いてしまっただけだったのではないか。

それは、男女の生物的特性と共同体の基本原理に目を向けず、理想ばかりを追い求めたことの結果でもある。

強者女性フェミニストによる弱者女性への抑圧|フェミニズムと男女平等の罠
「女性の社会進出」と「子供を生み育てやすい社会」の両立という矛盾

フェミニズム運動は、一部の女性たちの要求を、あたかも全ての女性の総意であるかのように主張し、強引に社会を変えてしまったのだ。それはフェミニストにとっての理想の女性像を、多くの女性に押し付ける行為でしかなかった。多様性を受け入れさせるだけではなく、それを社会の半強制的な規範と定義してしまったのである。果たして世の中の多くの女性はこのような社会や女性像を求めていたのだろうか。

近年では女性活躍社会の意に反して、女性の専業主婦志向も高まり、また「新・専業主婦志向」なる分業志向も台頭しつつある。

女性活躍社会に疲れた女性たちが、専業主婦にこそ女性の幸せがあるという真理に気づき、家庭回帰を求めるようになったのだ。つまるところこれは、男性の支配や家庭・性役割の束縛からの解放を求めたフェミニズム運動は失敗であったということの一つの表れではないだろうか。

しかし女性の権利と自由(それに付随する自己責任)を求めたフェミニストたちは、この過ちを決して認めることはなく、むしろ女性の選択肢が増えたと開き直ることだろう。

しかしその選択肢とはすなわち、経済力のある高倍率男性を射止め専業主婦となって安泰と幸せを手に入れる選択と、男性に依存せず自らの意志で人生を切り開くキャリア女性として自立し婚期と妊娠の機会を逃し続ける選択、そして持たぬ者は社会に適応できないまま自己責任を押し付けられ貧困化するという選択である。

果たして現代の女性は本当に幸せを勝ち取れたのだろうか。そもそもフェミニスト達が求めていたのは人々の幸福ではなく、怒りや憎悪、不平や不満を社会にぶつけることだけだったのではないだろうか。彼女たちは正義感という一時の快楽に溺れ、長期的な幸福を失ったのではないか。

結局のところ、女性解放運動が勝ち取ったのは、出産もできないまま一生共働きを続けなければならない茨の道だった。過去の女性たちが自ら招いた不幸で残酷な自由、それを現代の女性に対して「“女の生きる道”」と言って押し付けて良いものか。

また近年では「育児休暇はずるい」「専業主婦は怠け者で恥ずかしいもの」といった風潮も築かれつつある。それは育児の大変さを否定するのみならず、従来的な、幸せな家庭や子供との時間、愛情、母性を追い求める「女らしい生き方」や「女性の幸せ」すらをも否定しかねない。

それはひとえに、持たざる者たちによる嫉妬心の発露であろう。また、女性を守り、奢り、養おうとする男性の行為を「女性支配」といって批判する者たちもいるが、これも結局のところ、ちやほやと守られるか弱い女性を間接的に抑圧するための手段でしかないのかもしれない。無意識による本能的なものだ。自分たちが手にすることのできなかった幸福や願望を否定し、その不満の元である文化や環境を壊し、持てる者たちの機会と幸福を奪い去ることで、劣等感や妬みの感情から逃れようとしている。それが彼女たちにとっての安心と解放なのだ。

また、女性性や母性を求める男性を敵視し、男性のそれを女性に対する抑圧と定義することで、女性性を持ち得ない自分を正当化したり、母性を手にすることのできない自分を肯定化しようとしている。思い通りにならない社会を歪曲化することで現実から目を背けようとしているのだ。あまつさえその向こう見ずな選択の結果として生じた障害すらをも社会の抑圧と嘆き、終わりのない自滅と責任転嫁を繰り返している。

つまり女性を抑圧しているのは女性自身なのである。まさしく「女の敵は女」であり、女性が互いの足を引っ張り合っている。お互いに妬み合い、幸福の没収をし合っているのだ。

自由と平等を求めるフェミニズムの実態は、結局のところ「皆で平等に不幸になるべき」という思想でしかなかったのだろう。皆が幸せになることを願うのではなく、幸せな者たちを引きずり下ろすことに夢中になっているのだ。つまり彼らは幸せな人々のことが憎いのである。幸せを掴むための努力を放棄し、他人の幸福と自由を抑圧し、社会を均一化することでその努めから逃れようとしている。多様性はどこへ行ったのだ。

理想主義者たちが求めた多様性は人々の自由と機会を奪うことでしか実現しえないものだったのだ。彼らの失敗はその残酷な真実を私たちに突きつけている。

今さら彼らのことを責めても仕方がないし、起こってしまったことを嘆いてもどうにもならない。しかしこの過ちは決して忘れてはならないと思う。昨今のリベラル化する社会を見るに、その過ちは同じロジックのもとに今もなお繰り返され続けている。人々が自分たちの本当の気持ちと向き合わない限り、我々はいつまでも前へ進むことはできないだろう。

怒りや憎悪に根ざした思想は短期で破綻する。リベラル化はその即効性の高さゆえに短期で社会を壊してしまう。気づいたときには、人々の幸せと平穏は失われ、永遠に取り戻すことはできなくなっている。

リベラル化は緩やかな自滅への片道切符だ。その選択によって社会は大きく変わるが、良い方向に進むことはない。なぜなら、彼らの目的は嫌な社会を壊し、現状を覆すことにあり、その後のことなど何も考えていないからだ。彼らは安心や正義感といった目先の利益ばかりを見て、未来を見ていないのである。気づいた時には人々の幸福は失われ、不幸な人々はその不幸さ故に人々を傷つけ始める。終わりのない憎しみの連鎖と悪循環に陥るのだ。

なぜ人々は幾度となく破壊を求め、同じ過ちを何度も繰り返し続けるのだろう。

関連記事

※1 この自己防衛のメカニズムは実に利己的で巧妙なものである。彼女たちは持てる女性に嫉妬しているが、持てる女性たちに不満を表明したり批難することができないでいる。劣等感や嫉妬の感情を認めることができないためだ。そこで彼女たちは不幸の原因を社会や環境に求めるようになり、その不満の感情を男性へと向け始める。不公平の根拠を社会の中に求め、不幸の原因を男性の抑圧と解釈することで、自分たちの行き場のない妬みや憎悪の感情を固定化し正当化することができる。原因のすり替えや強引な理由付けをして開き直っているのだ。またそこでは抑圧された哀れな女性を導く使命感と優越感も得られる。正義感という快楽と新たな目的が得られる。持てる者たちよりも優位に立てる。そして男性の行動を制限し彼らを萎縮させることで、持てる女性の機会と幸福を間接的に奪うことができる。同時に自身の劣等感を刺激する文化や環境をも排除することができるのだ。現実逃避や自己正当化、他者支配、幸福の没収、文化の収奪を滞りなく果たす驚異のメカニズムである。

つまり、女性自身が「女らしさ」を嫌悪し、女性性の排除を望んでいるのである。嫉妬心や劣等感からくる羨望的ミソジニーのようなものだ。彼女たちは他人の「女らしさ」に羨望し嫌悪しているが、それは女性の立場でありながら女性嫌悪的な思考を持ってしまうという矛盾を引き起こす。彼女たちはまるでその矛盾を回避するかのように、「女らしさ」や「女の幸せ」を男性による「抑圧」や「押し付け」と定義し、女性嫌悪の感情を無意識に正当化している。「男性からの抑圧」という主張は、彼女たちが女性嫌悪を正当化し、目障りな「女らしさ」を排斥するための手段であるとも考えられないだろうか。一番女性を憎んでいるのは女性たちなのかもしれない。

ちなみにこの嫌悪感情の転嫁のメカニズムは、男性アイドルに夢中になる女性のことを「見る目のない流されやすいバカ女」といって侮蔑することで自身の敗北感や競争心を和らげようとする男性の行動にも当てはめられるかもしれない。男性の場合は諦めを付けるためにその感情を利用をするが、女性の場合は、一歩進んで、同性を抑圧するためにそれを利用してしまっている。

要するに、彼女たちは劣等な自分を自覚したくないのである。劣等感や嫉妬心という苦痛から逃れたいのだ。持てる者たちを通して惨めな自分を直視させられることに耐えられないのである。だからこそ、自分たちの身の回りにある目障りな女性性の排除を望んでしまう。自分よりも若く美しい女性たちのポスターや広告を批難したり、男性を虜にするキャンペーンガールを糾弾し、排斥しようとする。時に女性性を巧妙に隠蔽したボーイズラブの世界に逃避する。「男性による抑圧」や「性的消費」という主張は、目障りな女性性を排斥するための建前であり、その本音は劣等感を刺激する女性性を目の前から消し去りたいだけなのである。

ちなみに、多くのフェミニストが女性搾取的な「バニラ求人」や「ホスト業界」「パパ活」文化を糾弾しないのは、その文化の恩恵にあずかる女性たちのことを、自分よりも下の人間として見ているからでもある。相手を侮蔑の対象として見ているために劣等感が生まれず、無関心となるのである。逆にレースクイーンは自分たちよりも恵まれた持てる存在であるため、彼女たちの存在は自分たちの劣等感を過度に刺激する驚異となる。だから、彼らはレースクイーンの廃止には積極的になるが、前記のような性搾取的な問題には消極的になるのである。

また彼女たちは、抜け駆けをして「女らしさ」を押し出そうとする女性にズルさを感じている。しかし女性を責めるようなみっともない真似はできないため、「女らしさ」を求める男性が悪いのだと言って、その責任の所在を転嫁してしまっている。そうやって「女らしさ」を利己的に追い求める女性たちを間接的に抑圧することで、「女らしさ」を追い求める不毛な競争を収束させようとしているのだ。そうなれば持てない女性にも平等とチャンスが与えられるからだ。無理をして女性性をアピールしなくても済むようになる。焦燥感から解放される。つまり彼女たちは敵を増やしたくないのだ。競争心を煽られる環境から逃れたいのである。フェミニストの主張する「男性が女らしさを押し付けている」という論理は、遠回しに「女性は女の武器を捨てろ」という抑圧を仕掛けるためのロジックでしかないのである。

たしかに、男性が女性性を求めているのは事実だが、それは生物の本能であり、自然の摂理に基づいたものだ。女性もまた、優れた男性を獲得するために、利己的に女性性をアピールしている。フェミニスト達はその自由競争を真っ向から否定することができないため、「男性による押し付け」という定義を都合よく持ち出すことで、女性性の開放に制限を掛けようとしているのである。

これが彼女たちの求める平等なのである。つまり、持てる女性に対する女性性(富)の剥奪によって、モテ格差の是正を果たそうとしているのだ。これはちょうど、資本主義社会の中で困窮する労働者が、潜在的に、資本家を憎悪していたり、富裕層の転覆を望んでいる構図にもよく似ている。自分の正義のためとあらば他人の自由すら否定するのである。資本主義社会では争いによって持てる者たちの富と機会が失われ、社会の平等化が果たされてきた。フェミニズム運動においても同等のメカニズムが働いているとは考えられないだろうか。

家事育児に専念する家庭的な女性像を、男性による束縛や抑圧とみなす主張もまた、持てない惨めな自分たちの境遇を正当化するための建前に過ぎない。彼女たちは、自分たちが直面する非モテや独り身という惨めな境遇を正当化するために、その孤独な道を自らの意思で選んだものと思い込もうとしている。周りから惨めな女性と思われたくないがために、男性からの解放という後付けの根拠を持ち出して、自身の選択を必死に美化しようとしているのだ。男性に依存しない自立した女性こそが理想の女性像であると自分に言い聞かせ、終いにはその個人の理想を周りの女性たちに押し付け、幸福な者たちを道連れにしようとしている。そうすれば、惨めで孤独な自分という存在が社会の中で平均化され、当たり前の存在として見なされるようになるからだ。不幸な人々を増やすことでもって自身の不幸の相対値を下げようとしているのである。「結婚できなかった」のではなく「結婚しなかった」のだと言ってどんなに強がっていても、結局は、他人からどう思われるかが気になって仕方ないのである。そして自分だけが不幸であることが許せないのである。あろうことか、フェミニズム運動は、その同調圧力と幸福の剥奪を容認し、持てる女性たちの自由と多様性を奪い続けてきた。結局のところ、フェミニズム運動は「女性たちのための活動」ではなく「自分たちのための活動」でしかなかったのである。女性のためと言いながらも、結局は自分たちに都合の良いように社会を歪めているだけなのである。他人のための正義ではなく、自分のための正義なのだ。

かつては女性性が男性の支配下に置かれていた時代があったが、今ではフェミニストが女性性を支配している。一部の声の大きな女性たちが、気に食わない「女性性」を排除し、代わりに自分たちにとって都合の良い理想の「女性像」を規定し、それを女性たちに無理やり押し付けている。「抑圧される女性たち」という構図は昔から何一つ変わっていないのである。そこに女性たちの意志は存在するのだろうか。そこにあるのは「女性たちの意志」ではなく「フェミニストたちの意志」なのではないだろうか。

フェミニストたちは、フェミニズムの宗教的な側面にすがる狂信的な女性たちを利用して、その勢力と影響力を拡大してきた。売名と金儲けのために人々の憎悪を煽ってきた。さんざん信者たちをもてはやしておきながら、都合が悪くなれば「一人一派」と言って平気で彼女たちを切り捨ててしまった。女性を搾取しているのはフェミニストたちの方ではないのだろうか。

広告