フェミニズムの見えざる手|女性性アピール競争の抑制とスタビライザー化する男性たち

「私が女性性を追い求めなければならないのは、どう考えても女性性を要求する男性が悪い」のメカニズムについて考えていきたい。自称フェミニストたちはなぜ、男性に媚びる女性や、性的な魅力を前面に押し出す女性を嫌悪し、その感情を男性に転嫁してしまうのだろうか。

このテーマは以前より「持たざる女性たちの嫉妬心と劣等感」という観点で既に考察しているため、今回は少し異なる視点で彼女たちの行動原理を探っていきたい。フェミニズムそのものを否定するのではなく、フェミニズムの行き過ぎた側面に焦点を当てていく。

以前の考察:フェミニストは女性の幸せを奪った|平等な不幸と自由な自己責任を求めたフェミニズム

彼女たちは女性性のアピール競争に疲れ、苦痛を感じている。

彼女たちは女らしさをアピールすれば、この競争で勝ち抜けることを知っているが、性的魅力の低さや自己肯定感の低さからそれを実現することができないでいる。頑張っても望むものを得られないかもしれないという不安に押し潰されそうになっている。

にもかかわらず、彼女たちはその競争を諦めたり、目を逸らすことができない。

自分一人が競争から降りても、周りの女性たちは幸福を獲得していく。
その現実に耐えられないのである。

他人が得をすることで、何もしなかった自分が損をしたように感じられる。自分が手を引くことで、周りの女性たちは競争的に有利になってしまう。成功できたかもしれないという可能性を捨てることの喪失感や、チャンスを逃すことの後悔を恐れている。

だからこそ、彼女たちはこの競争から逃れられないのである。
義務感や焦燥感というプレッシャーを自ら抱え込んでしまっている。
女性性を謳歌する女性を見るたびに、押し隠していたはずの競争心や嫉妬心が喚起されてしまう。

彼女たちはそうやって苦しんでいる。

この絶望の果てに、彼女たちは競争そのものを否定し始める。
競争さえなければ、私はここまで苦しまなくても済んだはずだと考え始める。
自分たちが抱えるプレッシャーの原因は男性の存在がもたらす「まなざし」にあると気づき始める。

しかし、この競争はあくまで自由競争に基づいているため、周りの女性たちに自粛を求めるようなことはできない。暗黙のルールを設けても、いずれ誰かが抜け駆けをする。

そこで、彼女たちはこの際限なく激化する競争を沈静化するために「男性による女性性の押し付け」という概念を持ち出すようになる。

真っ先に変えるべきは女性側の意識であると分かっているはずなのに、抜け駆けを恐れるあまり無力感にとらわれ、その義務を放棄してしまっている。

そして、男性の欲望によって自分たちは女性性のアピール競争を強いられている、という解釈を持ち出すようになる。「私が女性性を追い求めなければならないのは、どう考えても女性性を要求する男性が悪い」という被害者意識を強化し始める。そして理想の女性性を表明することの自由を抑圧するようになる。太古の昔から、女性性という武器は、女性が生存競争を勝ち抜くために自らの意思で利用してきたものであるにもかかわらずだ。

「選ばれる側ではなく選ぶ側」の地位を早々に獲得したいがために、「求める男性と求められる女性」という主観的事実を強引に持ち出そうとしている。求める男性という構図は男性側の権限の強さを示しており、それ故に女性は支配されている、といった具合にである。それによって「女性の解放」というテーマの正統性を補強しようとしているのだ。男性と女性が対等な立場に立つ社会の実現のためには必要なロジックなのかもしれないが、しかしその正しいはずの正義が本来とは異なる動機の元に利用されてしまっているというのが、昨今の実情なのではないか。集団の利益ではなく個人の利益ばかりが無秩序に追求されてしまっているのだ。

このような意識が、結果として昨今の「広告狩り」や「キャンペーンガール批判」といった問題を助長しているとも考えられる。建前上は「性的消費」や「男性による性役割の押し付け」を根拠に女性性の排斥を要求しているが、その本音は自身の劣等感を刺激する女性性を目の前から消し去りたいだけなのである。

持てる女性たちの活躍によって、自身の相対的価値の下落を感じ、危機感を覚えるからだ。持てる女性たちの打ち出す性的魅力に追従しようとする若い女性が増えれば、なおさら自身の将来的価値は下がってしまう。切迫感に追い詰められそうになる。女性表象を通して、可能性に満ちた若き頃の自分を想起し、可能性が失われた現在の自分との対比を迫られる。自分には得られなかった自由を享受する若い女性たちが憎たらしく感じられる。だから何としてでも女性性の開放に制限を掛けたいのである。しかし女性側の主体性や自由意志を奪うことはできないため、仕方なく「男性のまなざし」や「性的客体化」というロジックを持ち出している。

そうやって男性を敵に仕立て、男性側の需要を抑制することで、女性性の供給を間接的に押し下げようとしているのだ。女性性を求める男性がいなくなれば、女性性を追い求めなければならないという焦燥感や競争心からも解放される。周りの女性たちが持つ女性性という武器を封じ込めれば、自分たちにもチャンスが与えられる。女性性という富の資本的価値を消失させれば、女性間の格差が均一化され、自分たちは内面によって評価されるようになると頑なに信じている。

可能性を広げようとするのではなく、狭めることに注力してしまっている。表現を生み出すことではなく、無くすことばかり考えている。持てる女性たちの自由と多様性を奪うことが目的になってしまっているのだ。自分一人が競争を降りるようなことはできないから、せめてでも周りの女性たちを巻き込もうとしているのである。自分だけが不幸になることが許せないから、「皆で平等に不幸になろう」といって周りの女性たちの足を引っ張っている。

抜け駆けをする女性が出てきても、男性側の需要を批難することで、間接的に女性側の供給を抑制することができる。当事者の意思を介することなく、直接男性側の責任のみを追求し、物事を廃止ないし自主規制に追い込むことができる。そして誰もこの政治的な正しさに異を唱えることはできない。まさに無敵の理論である。

男性の存在と眼差しの概念は言わば、泥沼化するアピール競争を抑止し、女性間の格差を是正するための「安定化装置」として機能してしまっている。持たざる女の見えざる手に喉元を掴まれた世の男性たちは、女社会の秩序を維持するビルトインスタビライザーとしての犠牲を強いられているのである。

世の人々がフェミニズム運動に懐疑的な理由はまさにそこにある。もっと素直に「私が不快になることはするな」「終わりのない競争を終わらせよう」「抜け駆けはやめよう」「お互いに自粛しよう」「男性も協力して」と直接伝えれば良いものを、不誠実に周りの女性を利用したり、ことさらに男性を悪者にして、遠回しに問題を解決しようとするから、反発されるのだ。それがそもそもの過ちなのである。人々は正しさや正義を拒絶しているのではなく、その裏にある得体の知れない動機に対して拒絶と嫌悪を示している。正義を手段として利用するその卑怯さを批難しているのだ。

関連記事

広告